月別アーカイブ: 2020年7月

GO TOトラベルキャンペーンに、湯本舘が参加するには。【安心なぼくらは旅にでようぜ】

 

以前ブログにも書いた、「そのうち、国のキャンペーンもは始まるはずだし、楽しみにしててくださいね!」と言っていたGOTOトラベルキャンペーン。

なかなか物議が止みませんね。^^;

湯本舘が対象施設になれるのか考えてみました。実は今のままでは、対象から外れてしまうんです。

さーてどうしましょう。

 

改めまして、こんにちは!

お酒と相撲が大好き!新潟県にございます、五頭今板温泉 湯本舘の若女将しょう子です!

 

前回ブログを書いたあとでもどんどん状況は変わってきていて、今のままでは、湯本舘は割引対象施設にならないようでした。

なんで対象じゃないかっていうと、国が提示する条件を満たしていないから。

チェックインの時に検温して、お客様との間にはアクリルボードをたてて、ソーシャルディスタンスを守りながらどこでも常にマスク着用、人との会話も少なめに。うち、これまだやっていないんです。

検温してないし(平熱から高い人はどうするんだろう。わたし平熱高いっす。)

アクリル板おいてないし(あの隔たりがモヤモヤ)

マスクは着用しているけど、会話は楽しみたい。

来ていただくお客様にはできるだけ、いつもの湯本舘を過ごしていただきたいという気持ちが強いのです。

ゆっくり過ごしていただいて、旅館を通してパワーと元気を取り戻してほしい。

そのためにこの2ヶ月間、私たちもできる限りのことはやってきました。

スタッフは全員マスク着用、お掃除に時間をかけてますし、消毒や換気、空気洗浄機の設置や(脱衣室に消毒効果付のすごい強力な空気洗浄機おいた!)、お布団も最初から敷かせてもらって、極力お部屋には入室しない。食事は完全に個室で、など。

私が過ごした時間は、はたして旅行なのか。【あぁ。新潟県民は豊かすぎて〇〇…】

 

先日、すんばらしい体験をしてきました。

休館日をいただきちょっとそこまで、若旦那と温泉宿へ一泊。

ぼくらが旅に出る理由はイロイロあって、みんなそれぞれいろんな想いをもって、温泉旅行するのだな~って思いました。

だって私たち、この日をそれはそれは楽しみにしてたから!!!!笑

 

さーてこんにちは!ちょっとブログ長くなるかも!

お酒と相撲が大好き!新潟県にございます、五頭今板温泉 湯本舘の若女将しょう子です!

 

ワクワクを取り戻すミニトリップ。

龍言から生まれ変わった#ryugon で一泊してきました。

https://www.ryugon.co.jp/jp/


着いたときから帰りたくない。

もう2泊くらいしたい。

本当すんばらしい時間を過ごすことができました。

 

チェックインは象徴的なこのソファ?で。
雪をイメージした丸く穏やかなこれに座って、さっそく世界観に引き込まれます。

107904645_3086360488112673_3262420977423516312_o

パブリックスペースの広さと、自由な雰囲気。

107902487_3086360951445960_1702999137890483199_o

今回は、「定額給付金を、生きたお金として使う!」をスローガンに(←笑)、グレードの高いお部屋にしました。

池に面したこだわりあるお部屋。客室に備えられた露天風呂からは、キレイに藻がはった様子がみわたせます。

107790378_3086712754744113_7677755970848732565_o

 

大浴場の素晴らしい梁。クセはないけど芯から体が温まる泉質はものすごくわたし好みでした。

107868989_3086361318112590_3822698142788321440_o

 

107902679_3086361554779233_696034124175527695_o

 

山へ続く傾斜というか、ゆるやかな斜めをいかした昔ながらの建物とお庭。

ただ古くてモダンなだけじゃない。

人の温かさや文化の共存。

昔からわたしは、「雪ってあったかい」と思っているのですが(雪のない都会の寒さよりも、雪のある里山のほうがあたたかいという意味)

それを体感できるお宿でした。

さすが「雪国を感じる古民家ホテル」です。

 

そして!!!お料理も!

107936062_3086665358082186_1377170404029504068_o

107616247_3086665488082173_8463335052548735213_o

お料理もとっても楽しみにしてました。

どのお料理も土地を感じる、しかも局地的な、魚沼を感じるお料理が楽しめて、大満喫しました。

発酵や保存、素材の味や燻製など。とても勉強になりました。

改めて、例えば、湯本舘や五頭温泉郷や阿賀野市がもつ食の魅力を思い起こしました。

挙げれば挙げるほど素晴らしいモノで溢れている。そこらじゅうに素晴らしいものがあって、みんなこの「フツーに美味しい」が当たり前のことだと思っている。

タイトルにも書きましたが、新潟県民は根が豊かなのです。

 美味しいものは美味しいうちに、を知ってるから県内で消費しちゃう。

代表的なのが枝豆と茄子です。

新潟の人にとってはこの時期当たり前の食材でしょう。枝豆なんてあれば毎日食べるよね。

107986386_3096898277058894_6716958996111679436_n

(湯本舘は最近では、『阿賀野市はたけの座』という農家さんのグループや、地元の即売所などから新鮮なお野菜を仕入れています) 

 

枝豆は、新潟県は作っている量(作付面積)全国一位!けど出荷量はガクンと三位。

なんでかって、作って美味しいから食べちゃうんです、自分たちで!!!

みんな知ってる。朝取りの枝豆をすぐに茹でたときの甘み、香り、美味しさを。

 

茄子なんて、ものすごい沢山の種類があります。新潟県だけで20種類くらいの茄子があるんです。

うちではこれ。7月から8月にかけては、「笹神なす」を使うことが多いです。伝統野菜で実がしっかりしていて崩れない美味しい。

109281698_3097148833700505_4270155953190162256_n 110200208_3097148877033834_6727762399977054115_n

枝豆と茄子は、本当ごくごく一部の話ですが、本当、私は常々言っていますが、新潟県人のもともとの豊かさがにじみ出て、美味しいものは自家消費、外に出ていかないことがしばしばあります。

あぁ、豊かすぎて…自家消費…笑

 

あ、話それましたね。ryugonさんのお料理のお話です。

旬の、地元の、伝統絵的なお料理を、たっくさん頂きました。

かなりボリュームがあってビックリ。

少しずつを沢山、ゆっくり時間をかけてっていうのもあるのかもしれませんが、それでもボリュームたっぷりだったと思います。

107525960_3086665881415467_706796960778375648_o

そしてモチロン。米が最強においしい。

これも新潟県民にとってはアタリマエのことですが、一歩関東出てみなさいよ!「お米ってどこでも美味しいわけじゃないんだな」って気づくはずです。笑

 

食後はフラフラ歩きながら、国の登録有形文化財に指定されている居間へ。

最後にバーで一杯だけどジンを飲んでからお部屋戻りたい。

流れている映画「雪国」をボヤーっと眺めながら、一人のんびり過ごす。(若旦那さんはお腹いっぱいすぎて先にお部屋へ。笑)

 

そうだ。夕食の前と、食後の少しの時間、パブリックスペースで過ごしたのですが、なんだかとても良い空間でした。居心地が良い。

お風呂上がりや、これからお食事に向かうお客様が、次々とこのスペースにいらっしゃいます。

食前にジュース飲んだりお酒を飲んだりしてそれぞれが好きなことをして、別に話すわけじゃないけど、お客様同士もゆるやかに繋がっているような、あたたかい気持ちになりました。

田舎の繋がり方、というか。

空間や雰囲気は全然違えど、湯本舘で滞在されているお客様の雰囲気に少し似ていたような気がします。

ああいう、ゆるやかな時間が流れるパブリックスペース、いいな~

108005777_3086361088112613_6508241832260009317_o

 

(写真は食前のバーで飲んでいる様子)

(久しぶりの方は若旦那さんの髪型に驚かれることでしょう)

 

 

ぐっすり寝て、朝風呂入って(なぜか私が入る時は貸切!沢山の方が宿泊しているはずなのに)、朱色の器に盛られた朝ごはんをもりもりいただく。

107418341_3086712558077466_3904601255560559639_o

赤はもともと龍言の色だそうで、魔除けなどの意味があるそう。

安全にいってらっしゃい!の気持ちをのせての朝ごはん。

そしてやはり白飯がうまい。

 

 

本当素晴らしい滞在だったな~

1泊じゃあもったいない。

連泊して、中日は少し周りを散歩して、早めに帰ってきて温泉入って、お酒をちびちび飲みながらずっとお庭や坂戸山を眺めていたい。

 

 あ、そうそう。新潟県民は豊かすぎて○○、もうひとつありました。

素晴らしい温泉旅館が県内に沢山あって、気軽にいつでも行けちゃうから、ピョンっと県内で一泊する、連泊ってあんまりしない。

新潟県民は、新潟の中で旅行する人が多いんですよ。

豊かすぎて、温泉旅行が気軽…笑

 

 

湯本舘にいらっしゃるお客様はみんなそれぞれ、色んな理由があって来ると思うけど、どんな時でも必ず、お客様は楽しみにしていらっしゃるんだろうなっていうのは、自分たちでも体感しました。

本当に楽しみにしてたし、本当に楽しかったし、心がスーッとなった。

 

 

そもそもこれは、旅行なのかな。湯本舘にいらっしゃるお客様にとってもこの一泊は「旅行」なのかな。と少し考えました。

もちろん1年に一回の「旅行」で宿泊する人もいれば、「日常の延長」と思っている人もいると思うんです。

「田舎の我が家」や「上質な日常」、「かかりつけの宿」や「馴染みの一軒宿」などなどいろんな言い方があるけど(最後のはウチ)、そういう、生活の一部のような宿だってあるし、捉え方だってあるのだ。

とにもかくにも私たち宿屋は、お客様に気持ちよく過ごしていただいて、来たときより少し元気になって帰っていただき、また来たい、来るぞ!って思っていただくことを本質に。

 ここで過ごした時間を胸に、湯本舘でやれることをやっていこう。^^

 

久しぶりの長いブログ。

 

お付き合い頂きありがとございました!

 

若女将 永松しょう子
=====================
あなたと一緒に、あったかい宿を。
山の馴染みの一軒宿 今板温泉 湯本館
959-1927 新潟県阿賀野市今板795-2
tel0250-66-2321 fax0250-66-2230
E-mail info@gozu-yumotokan.com
web https://www.gozu-yumotokan.com/
★フェイスブック、やってます★
http://www.facebook.com/#!/gozu.yumotokan
=====================

「私の中では三つ星!」ミシュランガイド新潟版が明日販売!なんと!五頭温泉郷から

 

ついにミシュランガイド新潟版が、明日17日に販売されます!

108385017_3180858188665700_5583318008654092928_o

販売に先駆けて、先日14日、Youtubeライブで発表の様子が公開されました。



新潟県版は今回初めての発行!

新潟県内のレストラン・飲食店が251軒、ホテル・旅館が31軒が掲載されています。

 

大好きなあの飲食店さんやあのお店、あの旅館が一喜一憂する中…

数ある旅館の中で…

湯本舘は…

無題

残念ながら載りませんでした~

 

改めましてこんばんは!

お酒と相撲が大好き!新潟県にございます、五頭今板温泉 湯本舘の若女将しょう子です!

 

板長「若女将、うちには案内届いてないの?」

私「届いてないの、ごめんね」

板長「調査員っていつ来たん?」

私「たぶん来てないよ笑」

板長「もう一回見に来てもらってよ~」

私「いつ来ても大丈夫なように頑張ろうね!!!」

なんてやり取りずっとしてました笑

たしかに、やっぱり載りたいよね、ミシュランガイド。板長、ごめんね。これからも頑張ろうね!

 

けどね!!!

なんと、同じ五頭温泉郷から2軒も!「角屋旅館」さんと「環翠楼」さんが掲載されることになりました!スゴイ!

本当に嬉しいです。阿賀野市の魅力や里山の文化、食、環境も含めて、認めてもらうに値したような気がして。

板長にも言ったように、私たちも、もっともっと、自分たちの「良い」を伝えられるように、勉強していきたいと思ったし、次こそは!我こそは!と思いました。良い方向に変わっていく、良いチャンスみたいなものです。伸びしろ!

うちにいらっしゃるお客様に、美味しい笑顔になって頂けるように、これからも頑張りますので、何卒よろしくお願い致します❣

 

で、発表からここ数日、いらっしゃるお客様に言われるのが、

「なんで湯本舘ミシュラン載らなかったの!」「私の中では三つ星だよ!」という嬉しいお声。

ありがとうございますーーーーー嬉涙

ミシュランガイドには載らなかったけど、アナタの三つ星で本当に嬉しいです。

そういってくださるお客様に喜んで頂きたいので、いつか本当のミシュランガイドに掲載されるように、日々頑張ります!

 

先日、若旦那と、久ーーーーーーーーーしぶりに1泊温泉旅行に行ってきました。(あまりにステキな体験だったので、それはまた思い出ブログ書きますね)

忙しさにかまけて、2人で休みをとって温泉旅行なんていつぶりだろう…笑

 

そこで、素晴らしいお宿の中過ごすうち、若旦那といろんな話をして、良いものは良い、嫌なものは嫌という共感をシェアして、将来を思う。宿の未来や考えや、やりたいこと。こういう宿でありたいよね。などなど。とても良い時間でした。

きっとこの半年から1年くらいで、湯本舘はまた少し変化すると思います。

思ってたのと違って合わない人も出てくるかもしれません。

けど、このチャンスを逃したくない。

 

これからも、お客様の、明日への活力へつながる、笑顔あふれる宿を目指します^^

106346623_3115968578440139_6438921804034107133_n

 

 

にしても、嬉しいな~掲載されたお店の皆様は本当におめでとうございます!!!

そして、掲載されなかったけど私にとっても「わたしの三つ星」のお店、これからも大好きです!

掲載されてないけど美味しいお店、もちろん他にもいっぱいあります。今回はたまたま載らなかっただけ。湯本舘ともども、これからもよろしくお願い致しますっ!笑

107822622_3180858161999036_5599039646813420437_o

 

「絶景の日本海」「里山の湯けむり」おおきな新潟のおいしい一冊。

なんとも良い響きですな!

 

 

 

明日は本屋さんに2つのワクワクを取りに行くんです♪

一冊はミシュランガイド新潟版。

もう一冊は、大好きな短パン社長さんの2冊目の新刊だよ♡

 

 

それではみなさんも、ステキな週末を♡

 

若女将 永松しょう子
=====================
あなたと一緒に、あったかい宿を。
山の馴染みの一軒宿 今板温泉 湯本館
959-1927 新潟県阿賀野市今板795-2
tel0250-66-2321 fax0250-66-2230
E-mail info@gozu-yumotokan.com
web https://www.gozu-yumotokan.com/
★フェイスブック、やってます★
http://www.facebook.com/#!/gozu.yumotokan
=====================